Search for
Confirm
Cancel
検索する
確認
キャンセル

JP / EN

/
/
外壁石材防護剤はどうしますか?

外壁石材防護剤はどうしますか?

  • 出品日時:2022-03-25 17:39

【概要の説明】外壁石材防護:外壁石材防護剤はどうしますか?外壁石材は长期にわたって风吹日晒雨淋を経験して、石材の美観性を保护するために、防护は少なくなければならないが、外壁石材の防护は防水、防污のほかに、紫外线に対する性能を持っていなければならない。



1、石材防護剤を選択する。外壁の石材の防護をするのはまず石材の防護剤を選ぶべきで、アウトドアの多変の環境に対応して、石材の防護剤の備える性能の要求も比較的に高くて、普通の水性の防護剤はきっと適用しないで、有機シリコン類の防護剤は紫外線の性能に抵抗して悪くて、黄色の現象が現れやすくて、石材の美観性に影響します。ここでは、耐候性に優れ、紫外線抵抗性を有する有機フッ素保護剤、例えばスノー1250を選択すべきである。



2、石材を洗って乾かす。石材保護剤を選んだ後、施工を行う必要があります。施工前に石材をきれいに洗浄する必要があります。洗浄しにくい汚れに遭遇しました。例えば、さび、カビ、白華などは専用の石材洗浄剤で洗浄する必要があります。それから、石材を干します。石材が湿っていると、石材の保護剤の吸収と浸透に影響します。防護効果に影響します。また、湿った石材は、防護剤を塗った後、石材内部の湿気がタイムリーに揮発できず、石材の水斑、錆黄などの病症を引き起こし、石材の装飾効果と使用寿命に影響を与える。

3、石材保護剤を塗る。石材を干した後、防護剤を石材の表面に均一に塗布し、この過程で石材の十分で十分な吸収防護剤を保証しなければならない。



4、保護剤を塗って養生する。この養生は非比養生であり、石材養生は石材表面が水に触れず、石材表面を汚染してはならない。常温では48時間養生し、気温が10度下がるごとに養生時間が2〜4倍長くなる。

外壁石材防護剤はどうしますか?

【概要の説明】外壁石材防護:外壁石材防護剤はどうしますか?外壁石材は长期にわたって风吹日晒雨淋を経験して、石材の美観性を保护するために、防护は少なくなければならないが、外壁石材の防护は防水、防污のほかに、紫外线に対する性能を持っていなければならない。



1、石材防護剤を選択する。外壁の石材の防護をするのはまず石材の防護剤を選ぶべきで、アウトドアの多変の環境に対応して、石材の防護剤の備える性能の要求も比較的に高くて、普通の水性の防護剤はきっと適用しないで、有機シリコン類の防護剤は紫外線の性能に抵抗して悪くて、黄色の現象が現れやすくて、石材の美観性に影響します。ここでは、耐候性に優れ、紫外線抵抗性を有する有機フッ素保護剤、例えばスノー1250を選択すべきである。



2、石材を洗って乾かす。石材保護剤を選んだ後、施工を行う必要があります。施工前に石材をきれいに洗浄する必要があります。洗浄しにくい汚れに遭遇しました。例えば、さび、カビ、白華などは専用の石材洗浄剤で洗浄する必要があります。それから、石材を干します。石材が湿っていると、石材の保護剤の吸収と浸透に影響します。防護効果に影響します。また、湿った石材は、防護剤を塗った後、石材内部の湿気がタイムリーに揮発できず、石材の水斑、錆黄などの病症を引き起こし、石材の装飾効果と使用寿命に影響を与える。

3、石材保護剤を塗る。石材を干した後、防護剤を石材の表面に均一に塗布し、この過程で石材の十分で十分な吸収防護剤を保証しなければならない。



4、保護剤を塗って養生する。この養生は非比養生であり、石材養生は石材表面が水に触れず、石材表面を汚染してはならない。常温では48時間養生し、気温が10度下がるごとに養生時間が2〜4倍長くなる。

  • カテゴリ:ニュース
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2022-03-25 17:39
  • PV:0
詳細

外壁石材防護:外壁石材防護剤はどうしますか?外壁石材は长期にわたって风吹日晒雨淋を経験して、石材の美観性を保护するために、防护は少なくなければならないが、外壁石材の防护は防水、防污のほかに、紫外线に対する性能を持っていなければならない。

1、石材防護剤を選択する。外壁の石材の防護をするのはまず石材の防護剤を選ぶべきで、アウトドアの多変の環境に対応して、石材の防護剤の備える性能の要求も比較的に高くて、普通の水性の防護剤はきっと適用しないで、有機シリコン類の防護剤は紫外線の性能に抵抗して悪くて、黄色の現象が現れやすくて、石材の美観性に影響します。ここでは、耐候性に優れ、紫外線抵抗性を有する有機フッ素保護剤、例えばスノー1250を選択すべきである。

2、石材を洗って乾かす。石材保護剤を選んだ後、施工を行う必要があります。施工前に石材をきれいに洗浄する必要があります。洗浄しにくい汚れに遭遇しました。例えば、さび、カビ、白華などは専用の石材洗浄剤で洗浄する必要があります。それから、石材を干します。石材が湿っていると、石材の保護剤の吸収と浸透に影響します。防護効果に影響します。また、湿った石材は、防護剤を塗った後、石材内部の湿気がタイムリーに揮発できず、石材の水斑、錆黄などの病症を引き起こし、石材の装飾効果と使用寿命に影響を与える。

3、石材保護剤を塗る。石材を干した後、防護剤を石材の表面に均一に塗布し、この過程で石材の十分で十分な吸収防護剤を保証しなければならない。

4、保護剤を塗って養生する。この養生は非比養生であり、石材養生は石材表面が水に触れず、石材表面を汚染してはならない。常温では48時間養生し、気温が10度下がるごとに養生時間が2〜4倍長くなる。

キーワード:

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

伝言を残す

コメントで使われるユーザー名:
客户留言
説明:

Sinuoは、新しいフルオロカーボン界面活性複合材料の開発と合成を専門とする専門の研究開発組織です。

WhatsApp:
+86 173 5002 2941

メールボックス:
info@hsinuo.com

Wechat:

Info-sinuo

ページの著作権  厦門キリツワテクノロジー株式会社     闽ICP备2021002156号-1        Power by www.300.cn