Search for
Confirm
Cancel
検索する
確認
キャンセル

JP / EN

/
/
どの屋外床硬化剤が使用されていますか?

どの屋外床硬化剤が使用されていますか?

  • 出品日時:2022-05-19 17:23

【概要の説明】どの屋外床硬化剤が使用されていますか?実は、屋外で地盤養生を行う際には、自然要因を考慮しているので、心配する必要のない問題でもあります。多くの工場、ワークショップ、ワークショップ、および地下駐車場は、地面をより耐摩耗性および耐摩耗性にし、地面の耐用年数を延ばすために床硬化を行っているためです。床に人為的な損傷を与えても大きな違いはないという事実を考えてみてください。屋外の自然環境にどの程度の損傷を与えることができるでしょうか。それは日光と雨に過ぎず、基本的に床硬化剤の床には影響を与えません。



それで、あなたが屋外の床硬化剤をやりたいのなら、どちらが良いですか?屋外のフローリングも場所を考慮し、さまざまな材料を決定して選択する必要があるため、すべてのフローリングの材料を屋外で使用できるわけではありません。屋内専用の素材もありますが、例えば、一般的なエポキシ床は日光の下で黄変しやすい典型的なものなので、屋外での使用には適さないのは明らかです。黄変自体が外観に影響を与えます。 。時間が経つにつれて、色が濃くなる可能性があり、最終的には品質の問題に発展します。



では、どの種類の屋外床硬化剤がより適しているのでしょうか?それがコンクリートシーラント硬化剤です。コンクリートのシーリングおよび硬化剤はエポキシ床とは異なり、その作用メカニズムは主に浸透です。材料はコンクリートに浸透し、遊離石灰カルシウムと反応して不溶性ゲルを形成し、コンクリートの内部細孔を閉じて、強度を高めます。コンクリートの表面硬度と安定性全体的なコンパクトさにより、化学的攻撃や機械的摩耗に耐え、耐久性が向上します。



コンクリートシール・硬化剤床は、一定の耐放射線性と耐高温性を備えており、紫外線や高温の侵入を気にする必要がなく、屋外でも十分に使用できます。硬化剤の役割は、風、霜、雨、雪、灼熱の太陽などの異常気象に完全に耐性があり、酸やアルカリの腐食にも耐えることができるため、屋外での使用に適しています。

どの屋外床硬化剤が使用されていますか?

【概要の説明】どの屋外床硬化剤が使用されていますか?実は、屋外で地盤養生を行う際には、自然要因を考慮しているので、心配する必要のない問題でもあります。多くの工場、ワークショップ、ワークショップ、および地下駐車場は、地面をより耐摩耗性および耐摩耗性にし、地面の耐用年数を延ばすために床硬化を行っているためです。床に人為的な損傷を与えても大きな違いはないという事実を考えてみてください。屋外の自然環境にどの程度の損傷を与えることができるでしょうか。それは日光と雨に過ぎず、基本的に床硬化剤の床には影響を与えません。



それで、あなたが屋外の床硬化剤をやりたいのなら、どちらが良いですか?屋外のフローリングも場所を考慮し、さまざまな材料を決定して選択する必要があるため、すべてのフローリングの材料を屋外で使用できるわけではありません。屋内専用の素材もありますが、例えば、一般的なエポキシ床は日光の下で黄変しやすい典型的なものなので、屋外での使用には適さないのは明らかです。黄変自体が外観に影響を与えます。 。時間が経つにつれて、色が濃くなる可能性があり、最終的には品質の問題に発展します。



では、どの種類の屋外床硬化剤がより適しているのでしょうか?それがコンクリートシーラント硬化剤です。コンクリートのシーリングおよび硬化剤はエポキシ床とは異なり、その作用メカニズムは主に浸透です。材料はコンクリートに浸透し、遊離石灰カルシウムと反応して不溶性ゲルを形成し、コンクリートの内部細孔を閉じて、強度を高めます。コンクリートの表面硬度と安定性全体的なコンパクトさにより、化学的攻撃や機械的摩耗に耐え、耐久性が向上します。



コンクリートシール・硬化剤床は、一定の耐放射線性と耐高温性を備えており、紫外線や高温の侵入を気にする必要がなく、屋外でも十分に使用できます。硬化剤の役割は、風、霜、雨、雪、灼熱の太陽などの異常気象に完全に耐性があり、酸やアルカリの腐食にも耐えることができるため、屋外での使用に適しています。

  • カテゴリ:ニュース
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2022-05-19 17:23
  • PV:0
詳細

どの屋外床硬化剤が使用されていますか?実は、屋外で地盤養生を行う際には、自然要因を考慮しているので、心配する必要のない問題でもあります。多くの工場、ワークショップ、ワークショップ、および地下駐車場は、地面をより耐摩耗性および耐摩耗性にし、地面の耐用年数を延ばすために床硬化を行っているためです。床に人為的な損傷を与えても大きな違いはないという事実を考えてみてください。屋外の自然環境にどの程度の損傷を与えることができるでしょうか。それは日光と雨に過ぎず、基本的に床硬化剤の床には影響を与えません。


それで、あなたが屋外の床硬化剤をやりたいのなら、どちらが良いですか?屋外のフローリングも場所を考慮し、さまざまな材料を決定して選択する必要があるため、すべてのフローリングの材料を屋外で使用できるわけではありません。屋内専用の素材もありますが、例えば、一般的なエポキシ床は日光の下で黄変しやすい典型的なものなので、屋外での使用には適さないのは明らかです。黄変自体が外観に影響を与えます。 。時間が経つにつれて、色が濃くなる可能性があり、最終的には品質の問題に発展します。


では、どの種類の屋外床硬化剤がより適しているのでしょうか?それがコンクリートシーラント硬化剤です。コンクリートのシーリングおよび硬化剤はエポキシ床とは異なり、その作用メカニズムは主に浸透です。材料はコンクリートに浸透し、遊離石灰カルシウムと反応して不溶性ゲルを形成し、コンクリートの内部細孔を閉じて、強度を高めます。コンクリートの表面硬度と安定性全体的なコンパクトさにより、化学的攻撃や機械的摩耗に耐え、耐久性が向上します。


コンクリートシール・硬化剤床は、一定の耐放射線性と耐高温性を備えており、紫外線や高温の侵入を気にする必要がなく、屋外でも十分に使用できます。硬化剤の役割は、風、霜、雨、雪、灼熱の太陽などの異常気象に完全に耐性があり、酸やアルカリの腐食にも耐えることができるため、屋外での使用に適しています。

キーワード:

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

伝言を残す

コメントで使われるユーザー名:
客户留言
説明:

Sinuoは、新しいフルオロカーボン界面活性複合材料の開発と合成を専門とする専門の研究開発組織です。

WhatsApp:
+86 173 5002 2941

メールボックス:
info@hsinuo.com

Wechat:

Info-sinuo

ページの著作権  厦門キリツワテクノロジー株式会社     闽ICP备2021002156号-1        Power by www.300.cn