Search for
Confirm
Cancel
検索する
確認
キャンセル

JP / EN

/
/
水性硬化剤の種類はどれらがありますか?

水性硬化剤の種類はどれらがありますか?

  • 出品日時:2022-06-07 16:54

【概要の説明】水性硬化剤の種類はどれらがありますか?水性硬化剤は、複数のエポキシ樹脂に適用でき、異なる硬化速度を提供する硬化剤である。低粘度、低色沢、燃えにくく、洗いやすく、使いやすい。特に湿ったコンクリート条件下で良好な接着力、耐摩耗などの特性を持っている。



硬化剤は硬化地麺、閉鎖地麺、浸透防止地麺、クリーン地麺の役割を菓たすことができる。それは主に新しいコンクリートの地麺や古い地麺のリニューアルに応用され、十分な浸透を通じて、その有効成分は迅速にコンクリート中の遊離カルシウムと化学反応を起こし、結晶コロイドを生成して構造の隙間を充填し、構造の緻密性を増加させ、コンクリートの表層を岩のように堅固な密封実体に形成する役割を菓たすことができる。



では、水性硬化剤の種類にはどんなものがありますか?エポキシ樹脂の水性硬化剤の種類:エポキシ樹脂はビスフェノールA型エポキシ樹脂であり、最もよく使われるのはE 44/E 51の2種類の番号である。また、エポキシ樹脂としては、ビスフェノールA型、エポキシ樹脂、ビスフェノールF型エポキシ樹脂、ビスフェノールS型エポキシ樹脂、ビスフェノールH型エポキシ樹脂、フェノールエポキシ樹脂、多官能グリシジルエーテルエポキシ樹脂、多官能グリシジルアミンエポキシ樹脂、ハロゲン化エポキシ樹脂などがある。



よく使用される硬化剤にも、脂肪アミン/変性脂肪アミン硬化剤、脂環アミン/変性脂環アミン硬化剤、低分子ポリアミド硬化剤、芳香族アミン/変性芳香族アミン硬化剤、フェノールアミン硬化剤、酸無水物係硬化剤、イミダゾール係硬化剤、チオール係硬化剤などの種類があります。水性ポリウレタン硬化剤は、TDI、HDI、IPDIなどのイソシアネートモノマーに基づくことが多い。ポリエーテルまたはスルホン酸塩の親水性変性により、水中に分散しやすい。水性末端ヒドロキシポリウレタンプレポリマー/アクリレート混合物、特にヒドロキシアクリレート混合物の性能を改良することができる。

水性硬化剤の種類はどれらがありますか?

【概要の説明】水性硬化剤の種類はどれらがありますか?水性硬化剤は、複数のエポキシ樹脂に適用でき、異なる硬化速度を提供する硬化剤である。低粘度、低色沢、燃えにくく、洗いやすく、使いやすい。特に湿ったコンクリート条件下で良好な接着力、耐摩耗などの特性を持っている。



硬化剤は硬化地麺、閉鎖地麺、浸透防止地麺、クリーン地麺の役割を菓たすことができる。それは主に新しいコンクリートの地麺や古い地麺のリニューアルに応用され、十分な浸透を通じて、その有効成分は迅速にコンクリート中の遊離カルシウムと化学反応を起こし、結晶コロイドを生成して構造の隙間を充填し、構造の緻密性を増加させ、コンクリートの表層を岩のように堅固な密封実体に形成する役割を菓たすことができる。



では、水性硬化剤の種類にはどんなものがありますか?エポキシ樹脂の水性硬化剤の種類:エポキシ樹脂はビスフェノールA型エポキシ樹脂であり、最もよく使われるのはE 44/E 51の2種類の番号である。また、エポキシ樹脂としては、ビスフェノールA型、エポキシ樹脂、ビスフェノールF型エポキシ樹脂、ビスフェノールS型エポキシ樹脂、ビスフェノールH型エポキシ樹脂、フェノールエポキシ樹脂、多官能グリシジルエーテルエポキシ樹脂、多官能グリシジルアミンエポキシ樹脂、ハロゲン化エポキシ樹脂などがある。



よく使用される硬化剤にも、脂肪アミン/変性脂肪アミン硬化剤、脂環アミン/変性脂環アミン硬化剤、低分子ポリアミド硬化剤、芳香族アミン/変性芳香族アミン硬化剤、フェノールアミン硬化剤、酸無水物係硬化剤、イミダゾール係硬化剤、チオール係硬化剤などの種類があります。水性ポリウレタン硬化剤は、TDI、HDI、IPDIなどのイソシアネートモノマーに基づくことが多い。ポリエーテルまたはスルホン酸塩の親水性変性により、水中に分散しやすい。水性末端ヒドロキシポリウレタンプレポリマー/アクリレート混合物、特にヒドロキシアクリレート混合物の性能を改良することができる。

  • カテゴリ:ニュース
  • 出品者:
  • 出所:
  • 出品日時:2022-06-07 16:54
  • PV:0
詳細

水性硬化剤の種類はどれらがありますか?水性硬化剤は、複数のエポキシ樹脂に適用でき、異なる硬化速度を提供する硬化剤である。低粘度、低色沢、燃えにくく、洗いやすく、使いやすい。特に湿ったコンクリート条件下で良好な接着力、耐摩耗などの特性を持っている。

硬化剤は硬化地麺、閉鎖地麺、浸透防止地麺、クリーン地麺の役割を菓たすことができる。それは主に新しいコンクリートの地麺や古い地麺のリニューアルに応用され、十分な浸透を通じて、その有効成分は迅速にコンクリート中の遊離カルシウムと化学反応を起こし、結晶コロイドを生成して構造の隙間を充填し、構造の緻密性を増加させ、コンクリートの表層を岩のように堅固な密封実体に形成する役割を菓たすことができる。

では、水性硬化剤の種類にはどんなものがありますか?エポキシ樹脂の水性硬化剤の種類:エポキシ樹脂はビスフェノールA型エポキシ樹脂であり、最もよく使われるのはE 44/E 51の2種類の番号である。また、エポキシ樹脂としては、ビスフェノールA型、エポキシ樹脂、ビスフェノールF型エポキシ樹脂、ビスフェノールS型エポキシ樹脂、ビスフェノールH型エポキシ樹脂、フェノールエポキシ樹脂、多官能グリシジルエーテルエポキシ樹脂、多官能グリシジルアミンエポキシ樹脂、ハロゲン化エポキシ樹脂などがある。

よく使用される硬化剤にも、脂肪アミン/変性脂肪アミン硬化剤、脂環アミン/変性脂環アミン硬化剤、低分子ポリアミド硬化剤、芳香族アミン/変性芳香族アミン硬化剤、フェノールアミン硬化剤、酸無水物係硬化剤、イミダゾール係硬化剤、チオール係硬化剤などの種類があります。水性ポリウレタン硬化剤は、TDI、HDI、IPDIなどのイソシアネートモノマーに基づくことが多い。ポリエーテルまたはスルホン酸塩の親水性変性により、水中に分散しやすい。水性末端ヒドロキシポリウレタンプレポリマー/アクリレート混合物、特にヒドロキシアクリレート混合物の性能を改良することができる。

キーワード:

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

伝言を残す

コメントで使われるユーザー名:
客户留言
説明:

Sinuoは、新しいフルオロカーボン界面活性複合材料の開発と合成を専門とする専門の研究開発組織です。

WhatsApp:
+86 173 5002 2941

メールボックス:
info@hsinuo.com

Wechat:

Info-sinuo

ページの著作権  厦門キリツワテクノロジー株式会社     闽ICP备2021002156号-1        Power by www.300.cn